ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その141~契約タイプ2

第3章 重要な技法~その141~契約タイプ2

3つ目。120万実コストがかかった。これはオーバーしたわけですね。だから、100-120で-20。損をしたというか、オーバーした。20だけオーバーしたことになります。これを60:40で分配すると、-20と-8になるわけですね。1)100万+20は同じですね。+12。12分かかったんだから、負担してやると。だって納入者の方は実際作業する上でお金を払ってるんだから、その分だけ20万払ってるわけですよね。その足りない分12だけを負担してやる。だから132ですね。逆の言い方をすると2番なんですが、実コスト120+20-8。オーバーしたんだから、その分さっぴくよと、132ですね。結果同じですね。納入者の利益は+12になります。もう1個。150になったと実コストが。ずずっと同じような展開をしていくと、納入者の利益は、もらう分が150、出ていく分が150で0になりましたね。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi