ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その125~アーンド・スケジュール

第3章 重要な技法~その125~アーンド・スケジュール

アーンド・バリュー・マネジメントとアーンド・スケジュールの計算例についてお話しします。ブルーのところがですね、プランドバリュー、計画された時間軸に対して予算がどれだけ消化されていくかということを示したものです。時間のところで、下のところで9と書いてありますね。これは仮に9週間目に予算BACの値1000万円という予算を使い切って、このプロジェクトは終了するということを言っています。真ん中の3.5週のところで、ある観測日、この時に観測してみました。進捗がどうかということを、予算の消化状況はどうかということを観測してみました。Actual Costは、横の縦軸のコストに合わせて線を伸ばしていくと、400万円消化しましたよ。プランド・バリューでは、300万円の、この時点では消化する予定だった。アーンド・バリューとしては240万の出来高しかないよということを言っております。これを今までのアーンド・マネジメントの式にあてはめると、Cost Variance、CV。それからSV、Schedule Variance、スケジュール差異ですね。それから、CPI、SPIという値が出てまいりますね。これ今までのアーンド・バリューの計算式です。ここで赤のところを見て欲しいんですが、SV=EV-PV=240-300で-60って書いてありますね。スケジュールが-60つまり、60万円の遅れが出ているよということを表しているんですけども、どうもピンと来ないですね。60万円の遅れ、スケジュールが遅れていると言われても、どうもピンとこない。やっぱり何週間遅れているんだよと言ってくれた方がわかりやすい。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi