ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その124~アーンド・スケジュール

第3章 重要な技法~その124~アーンド・スケジュール

そこで、アーンド・スケジュールというのが、なぜ起こってきたかというのをご説明したいと思います。
アーンド・バリュー・マネジメントはスケジュール進捗度合いの表現がピンとこないな、ということが言われていました。
つまりコストに換算しているということですね。
それからEVMはコストベース予測には有用だが、スケジュール予測には信頼性が無いということも言われておりました。
所謂問題点2つ挙げました。さあ、そこで、アーンド・バリュー・マネジメントの縦軸の予算、コストベースの値と、各種指数に対応するように、横軸の時間軸ベースの値と各種指数を設定し、アーンド・スケジュールの概念を定義したというものですね。その欠点を補うというところで、アーンド・スケジュールというのは生まれてきました。その結果、アーンド・マネジメントと、アーンド・スケジュールを組み合わせることで、コストとスケジュールの統合マネジメントが可能になると言われています。さあ、文章でお伝えしましたが、ちょっと例を使って見ていきたいと思います。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi