ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その121~PMP問題で確認 EVM

第3章 重要な技法~その121~PMP問題で確認 EVM

〔完成時総コスト見積もり〕
【問い】

現時点では計画よりコストを下回っているが、以降のコストは見積もりどおりになる予想である。EACを求める式はどれか。
A EAC=実コスト(AC)+ボトムアップETC
B EAC=総予算(BAC)+コスト差異(CV)
C EAC=BAC/累積CPI
D EAC=AC+[(BAC-EV)/(累積CPI×累積SPI)]

はい、読みます。現時点では計画よりコストを下回っているが、以降のコストは見積もりどおりになる予想である。EACを求める式はどれかということです。ABC式が書いてありますね。見ていきます。これBのところに書かれているんで、Bということになるんですか。今完成時総コストを求めなさいと出てましたね。完成時総コスト見積もり、EAC。EACというのはAC+その次計画通りのETCですよ、というふうに書いてありましたね。計画通りに進む。もう少し砕くと、AC+これはBACから実際に進捗したというのかな、実績としてあがったものを引いたものですよね。BAC-アーンド・バリュー、EV。これを並び替えると、BAC-(EV-AC)になるわけです。括弧のところがコストバリュアンス、CVでしたね。ただこれ並び替えただけなんですよ。だから、結局Bなんですけども、コスト差異。この式を覚えろって言ってるわけじゃなくて、基本的な計算式は覚えて欲しいんですが、計算した結果、式を展開した結果、Bになりましたよというだけです。じゃあ次いきましょう。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi