ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その120~PMP問題で確認 EVM

第3章 重要な技法~その120~PMP問題で確認 EVM

〔EVMの目的〕
【問い】

EVMの記述として最も適切なものはどれか。
A 現在までに設置された装置の価値の分析
B 現在までに使った費用を測定する手法
C プロジェクトで発生した労働コストの総和の分析
D プロジェクトの進捗状況を測定する手法

はい、読みましょう。EVMの記述として最も適切なものはどれか。A、現在までに設置された装置の価値の分析。B、現在までに使った費用を測定する手法。C、プロジェクトで発生した労働コストの総和の分析。D、プロジェクトの進捗状況を測定する手法ですね。これは極めて基本的な問題ですね。もうDだけに注目しましょう。アーンド・バリュー・マネジメントは、プロジェクトの進捗とコストの両面から、プロジェクトの計画と実績を把握するものである。また、プロジェクトの実績を測定する手法である。ということでDということになりますね。原文の方をもう一度確認すると、プロジェクトの進捗状況を測定する手法ということで。他のは、どれも他のところからいろいろ持ってきている文章ですね。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi