ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その106~EVM2(アーンド・バリュー・マネージメント)

第3章 重要な技法~その106~EVM2(アーンド・バリュー・マネージメント)

その2回目に入ります。前回ベースラインの話をしましたね。
いよいよそれを使って、実際に計算などをしていきましょう。進捗を量っていきましょう。
EVMの3つの基本値、これは非常に、これを理解しないとどうにもならないんですけれども、3つあります。
PV、Planned Value計画価値と呼びますね。計画された作業に対する予算化されたコストのこと。
進捗判断の基礎となる。プロジェクトに対するPVの合計はBAC、Budget At Completion、完了予定予算とも呼ばれる、BAC、完了時点の予算ですね。ずっと積み重ねていった結果の値です。
EV、Earned Value、ある特定の時点で完了している作業に対する計画上の予算化されたコストのこと。
その時点までに、完了した作業の価値を表す。作業が完了すると、その作業のEVとPVは一致する。
作業が完了するということですよ、最終的には一致するということですね。計画したもののところにいきついたということなんですから。
3つ目、Actual Cost、AC、実コスト。ある特定の時点で完了している作業に対して実際に費やされたコストのこと。
EVを得るためにかかった実コストのことですね。このPV、EV、ACこれが基本になりますので、しっかり説明も理解してほしいと思います。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi