ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 重要な技法~その100~EVM1(アーンド・バリュー・マネージメント)

第3章 重要な技法~その100~EVM1(アーンド・バリュー・マネージメント)

重要な技法の中のアーンド・バリュー・マネジメントに入っていきます。これはですね、PMP試験には必ず計算問題として出てきますので、しっかり学習していきましょう。
アーンド・バリュー・マネジメント、EVMとは、Earned Value Managementとは、またの名をEarned Value Analysisとも言いますけども、同じものです。

プロジェクトの進捗状況、コストとスケジュールの把握、管理を行う手法の一つです。

作業の到達度を金銭などの価値に変換したEarned Value出来高という概念で把握します。作業の到達度を金銭などの価値に換算してるという点ですね。プロジェクトのある時点の進捗状況の実績と計画とのズレの大きさから、完成までの総時間、総コストを予測することができる。スケージュール・マネジメント、あるいはコスト・マネジメントのコントロールプロセスのところに、アウトプットとしてスケジュール予測とかコスト予測とかいう言葉が出てきます。まさにこれは、アーンド・バリュー・マネジメントの完成までの総時間、総コストを予測するということに当たりますね。

<<<目次へ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:a.takeuchi