ニュース&トピックス

プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第9問 モチベーション理論


プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第9問 モチベーション理論 こちらの動画にてご覧いただけます。

【ミッション】

組織における個人のモチベーションに影響を与える内的要因として欲求理論がある。欲求­理論に関する記述として最も適切なものはどれか。
【選択肢】

A ハーズバーグが主張した2要因論によれば、動機づけ要因と衛生要因には高い相関関係が­あり、衛生要因を充足しなければモチベーションは起こらないという。
B マグレガーは、管理者が部下に対して持つ人間観の理念型として、X理論・Y理論を提唱­し、Y理論に従うと、部下を意思決定に参加させる方が仕事への意欲が高まるとした。
C マクレランドは、欲求を達成欲求・権力欲求・親和欲求に分類し、達成欲求の高い従業員­が優れた管理職になると主張した。
D マズローが主張した欲求階層説によれば、自己実現など上位の欲求のほうが、モチベーシ­ョン要因として強く作用するという。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【答え】

B マグレガーは、管理者が部下に対して持つ人間観の理念型として、X理論・Y理論を提唱­し、Y理論に従うと、部下を意思決定に参加させる方が仕事への意欲が高まるとした。

【解説】
・ハーズバーグの動機付け・衛生理論:
衛生要因は、これを改善すれば不満足を減らす事はできるものの、積極的な態度にはつながらない。例としては、作業条件や給与など。
満足要因(動機づけ)は、これを向上させれば積極的な動機付けにつながる。例としては、仕事のやりがい、責任、成長など。

・マグレガーのX理論Y理論:
X理論は、人間は仕事が嫌いで、できることなら仕事をしたくないと考える。強制されたり脅されなければ仕事をしないため、命令と統制による管理が必要となる。
Y理論は、人間は自分で決めた目的のためには進んで働くと考える。

マグレガーは、従来の企業はX理論に基づいて命令と統制により管理されているが、従業員の知的能力はあまり生かされておらず、より高次元の欲求を満たすためには、Y理論に基づいた管理が必要だと指摘した。その方法として、目標管理や権限委譲を挙げている。

※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

【PMP講座はこちらから】

講座詳細
http://bit.ly/2rgEzRF

講座サンプル動画
http://bit.ly/2pqe6id

講座の特徴

本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

無料でPDFのテキストがついてくる!!
・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

PMP資格は何に役立つ?

・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

PMP®試験の難易度

合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
その理由としては、以下の二点。
・PMBOK®ガイドを理解していること。
・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

試験日程について

ほぼ毎日行われています。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:y.nemoto